腹水は余命に直結?自宅行う腹水、癌の漢方治療

腹水はガン以上に余命に直結?自宅行う腹水、癌の漢方治療(腹水自然排出療法)


◆腹水とは!?

bf0604ad57c34f4be045c514d1772e3d_s.jpg

体内にある臓器を包む膜を腹膜と言います。腹膜は臓器と臓器の摩擦を少なくするために腹腔と呼ばれる隙間を作っていますが、その腹腔には健康な人であれば通常20~50mlの水が有ります。その水が癌(胃がん・大腸癌・肝臓癌・膵臓がん・卵巣がん・腹膜播種など)・肝硬変・腹膜炎・虫垂炎などの様々な病気によって体内の水分の代謝が低下することで貯留してしまい腹水になります。特に腹水が貯留することで余命に直結する部分も多く、病院の医師も腹水が溜まったことで余命を宣告される方も多いようです。そのように腹水の貯留は非常に厄介であり全身・各臓器に大きなダメージを与える為早急な対処が必要となります。


◆腹水が原因で起こる症状

癌や肝硬変などが原因で腹水が発症すれば、多臓器が強く圧迫される為以下のような不快症状が起こることがあります。

・食べたいという気持ちはあるが少量しか口にできない。
・お腹以外がやせ細っている 
・体重が急激に増えた。
・腹部が張って痛い
・排尿、排便困難
・足がむくみ身動きがとれない
・胸も圧迫され息苦しい
・呼吸困難・動悸など

患者様によっては腹部以外にも「手足のむくみ」「胸水」などが溜まる方もいます。どれも大変お辛い症状です。


◆腹水が溜まる主な原因と疾患について

腹水が貯留する原因として非炎症性腹水炎症性腹水があります。

非炎症性腹水とは漏出性の腹水とも言われてます。主に肝硬変や肝不全、心不全、ネフローゼ症候群、過度なダイエット(栄養失調)などの疾患が原因で腹水が貯留します。


非炎症性腹水(漏出性腹水)の原因

①低タンパク血症(アルブミンの低下)
肝臓で作られているものでタンパク質の一種になります。働きとしましては、血管内の水分調整をしてくれていますが、アルブミンが低下することで血管内に水分が保持できずに外に漏れ出してしまい腹水の貯留の原因になります。

②門脈圧の上昇
消化管を巡った血液は門脈(消化管から吸収した栄養成分などを肝臓に運ぶ血管)という血管に集まり肝臓に運ばれますが、肝硬変や癌により肝臓内に血液が運ばれなくなり門脈の圧力が上昇することで水分を血管外に押し出してしまうことで腹水の貯留の原因になります。

③腎機能低下による水分の排出低下
腎機能の低下により不要なものの排出ができにくい状態になります。腹水の排出経路は「尿・便・汗」となります。その為、腎機能が低下することで腹水の排出経路の1つである尿を排出する力が低下してしまい腹水貯留の原因になります。

炎症性腹水(滲出性腹水)の原因

腹腔内に炎症が起こり腹水が貯留します。
原因の疾患としては、癌性腹膜炎、細菌性腹膜炎、悪性腫瘍(大腸がん、胆管がん、膵臓がん、子宮がん、卵巣がん、肝臓がん、胃癌、肺癌、GISTなど)、虫垂炎、膵炎などが原因で起こります。炎症によって血管から滲出液が溢れ出していき腹腔内に腹水が貯留していきます。

上記のような原因と疾患から腹水は溜まってきます。

◆西洋医学の腹水の治療

1b8e855cc0eb9caa644c866e650c468f_s.jpg

病院での腹水の治療としては主に「利尿剤」「アルブミン治療」「腹水穿刺」「腹水濾過濃縮再静注法(カート治療)」などがあります。通常、腹水のご状態にもよりますが、初期の段階では利尿剤のラシックス、アルダクトン、サムスカ、ダイアートなどが処方されます。利尿剤は確かに即効性があり、短期で効果が期待できる治療法の1つになります。しかし、利尿剤も服用期間が長くなれば体が慣れてしまい効果が薄れることもございます。

また、利尿剤は強制的に排尿を促すため、長期服用することで腎臓に大きな負担がかかり腎臓の機能が低下していきます。その為、腎臓の数値である【CRE(クレアチニン)・BUN(尿素窒素)】などの数値は常に意識するようにしましょう。

※体内の余分な水分(腹水や胸水まど)は、排尿以外にも、排便・汗としても排出していきます。

その他の治療法としては、アルブミン製剤の投与になります。アルブミンとは肝臓で作られているタンパク質の一種になります。肝硬変や様々な病気や食事が取れずに栄養状態の低下によりアルブミンが低下してしまい血管内の水分調整がうまくいかずに腹水が貯留する原因となります。その為、アルブミンを投与することで血中のタンパク質を増やす治療になります。しかし、このアルブミン治療は月にできる回数が決まっており、利尿剤と同様に繰り返し行うことで効果が弱まっていきます。


利尿剤・アルブミン製剤で腹水が排出できない場合最終手段として腹水穿刺を行います。腹水穿刺とはお腹に針を刺して腹水を抜く治療になります。腹水穿刺を行うことで食事が取れるようになった、身体が軽くなり動きやすくなった、息苦しさが軽減されてきたなどのメリットもあるのですが、もちろんデメリットもございます。腹水穿刺を行うことで体力と血圧の急激な低下、脱水症状、また、腹水の中にも栄養分が入っているためさらなる栄養状態悪化などが起こることもあります。その為、栄養状態の悪化が進むことで、腹水の溜まるスピードがさらに早くなることもある為慎重に行う必要があります。栄養の部分が気になる方には「腹水濾過濃縮再静注法(KM-CART治療)」をお勧めいたします。

KM-CART治療とは、腹水を抜いて濾過濃縮して細菌などを除去した後に体内に必要なアルブミンなどの栄養分を体内に戻す治療法になります。腹水濾過濃縮再静注法は腹水穿刺ほど身体にかかる負担はございません。腹水濾過濃縮再静注法は、腹水穿刺に比べ栄養状態の悪化軽減になるため、QOLを落とすことが少ない治療法になります。


◆腹水の検査と鑑別

異常な腹水の有無は、腹部の膨張や腹部超音波検査、腹部CT検査などで発見することができます。そこで腹水を採取し、障害の原因や状態を調べるのが腹水検査です。腹水検査は、腹水を比較的安全に採取できる部位は左下腹部で、採血に使用される針の付いた注射器が使われます。

その他に重要になるのが血液検査を確認する必要があります。

血液検査の結果からわかること

6c58c0d4d82087bd2951fbf42e063de0_s.jpg

腹水、胸水、癌、肝硬変の方で特に注意しなければならない血液検査の項目があります。(※基準値は掛かりつけの病院によって多少異なってきます。)

アルブミン(ALB)基準値 4.0~5.0

アルブミンは肝臓で作られているもので、血液中の蛋白質の一種になります。働きとしましては、血管内の水分の保持をしてくれる働きになります。しかし、このアルブミンが低下することで血管内に水分保持ができずに血管外に漏れ出してしまいます。

その漏れ出した水分が腹水の原因になりますし、その他にも浮腫みなどの原因になります。


コリンエステラーゼ(CHE)基準値 200~460

コリンエステラーゼは肝臓の栄養状態が把握できる数値になります。コリンエステラーゼが低下することで肝臓の栄養状態が低下してしまい「蛋白質の合成」する力も低下してしまいます。その為、「アルブミンの低下」に繋がり腹水が貯留する原因になります。

C反応性蛋白(CRP)基準値 0.1~0.3

体内の炎症を表す数値になります。癌や肝硬変などの炎症を伴う疾患や肺炎などの様々な原因でも数値が上昇しますが、この炎症が高くなることで、腹水が貯留の原因や、抜けにくくなる原因になりますので数値の上昇に注意が必要になります。

クレアチニン(CRE)基準値 0.3~1.2

腎臓の機能を表す数値になります。クレアチニンの数値が高いということは腎臓に負担がかかっていることが考えられます。腎臓に負担がかかっているということは体内の不要な水分が排出されにくいという状態です。腹水の排出経路の1つは「尿」となるため腹水の排出経路が閉ざされてしまいます。

赤血球(RBC)基準値 男性 440~550 女性 380~500

赤血球が低下することで、各臓器や細胞に栄養素や酸素が運ばれずに各臓器の機能が低下してしまいます。機能が低下することで体内の代謝が低下してしまい不要な水分などの排出する力も低下してしまい腹水が貯留してしまう原因になります。

アルカリホスファターゼ(ALP)基準値 100~325

肝障害により胆汁うっ滞が生じると、胆汁中に存在するALPが血液中に漏れ出し、数値が上がります。この検査は、ときに極めてまれな疾患である、原発性胆汁性肝硬変を見つける手がかりになります。何らかの異常で肝機能が低下し、肝臓内の胆汁の流れが悪くなること。また胆管に胆石が詰まった場合にも、うっ滞が生じることがあります。

乳酸脱水素酵素(LDH)基準値 120~240

LDHは何らかの異常で肝細胞が破壊されることにより、はじめて血液中に漏れ出します。その数値が高いということは、それだけ肝臓が障害を受けているという状態を反映しています。進行したがんや気づかれずにいた転移性肝がんなどで上昇することがあります。

総合ビリルビン(T-BIL)基準値 0.2~1.2

肝障害により胆汁うっ滞が生じると、胆汁中の直接ビリルビンが血液中に漏れ出し数値が上がります。間接ビリルビンは、通常より過剰に赤血球が破壊されると数値が上がります。慢性肝炎、初期の肝硬変ではあまり上昇しませんが、肝硬変が進展、肝不全に進行してくると徐々に上昇していきます。

腹水、胸水、癌、肝硬変患者様は上記の8項目はしっかりと確認する必要があります。血液検査は、体の中の状態や病気の進行を把握するために最も重要な検査になります。そのため、最低でも1ヵ月~2ヶ月に1回は採血を行うことが重要です。

どのような病気も原因をしっかり理解し対策を行うことが何よりも重要です。



腹水の対策ポイント【豆知識

腹水は排出だけに捉われてはいけない・・・

腹水は溜まれば苦しい為、いち早く排出したいお気持ちは十分に理解できます。しかし、腹水は排出だけに捉われていても、いつまでもその問題を解決することができません。腹水はうまく排出できても再度溜まってくるため「溜まれば抜く」の流れ作業を繰り返すだけです。

その為、腹水対策を行う上で重要なことは『排出』+『貯留予防』を同時に行うことが大切です。

一部だけに捉われるのではなく、常に全体を見ることが大切・・・

腹水の貯留は患部や腹部だけではなく、全身に大きな影響を与えています。そのため、腹水の対策を行われる際は、一部(原因となっている部分)だけを治療するのではなく、全身を満遍なく治療していくことが大切です。

全身の機能が同時に向上することで腹水は排出されやすく、溜まりにくい体内環境ができていきます。また腹水に伴う不快な症状も軽減方向に向かっていきやすくなります。


全身を適度に温め低下した代謝機能の向上を図る・・・

基本、腹水患者様は癌や肝硬変の影響もあり全体の代謝機能(血流や水分代謝)が低下している状態です。特に、血流や水分代謝が滞ることで『免疫力の低下』『解毒機能の低下』『排泄機能の低下』などを同時に起こしてしまいます。

血流や水分代謝が低下する一番の原因が『体内・臓器レベルに抱えた冷え』によるものです。冷えは、病の影響で交感神経が過剰な状態(自律神経の乱れ)が続いたり、不安や焦りで体が緊張した状態(過緊張)が長く続けば、身体の冷えは増す一方です。

特に腹水や癌患者様の場合、お身体の冷えが悪化するにつれ『水分の排出力の低下』『癌細胞の増殖・転移』『免疫細胞の減少』に繋がることもございますので注意が必要です。

病状を悪化させないためにも、身体を適度に温め冷えを予防することも重要な対策法の1つです。

※炎症反応が強い時は、高温で身体を温めるとマイナス方向へ向かうリスクもある為、その場合は医師又は専門家にご相談されてください。

水分調節をしっかりと行う・・・

特に利尿剤を服用中の腹水患者様は血液中に脱水症状を抱えられている方が多くいらっしゃいます。利尿剤などの影響で必要な水分が体外へと排出されていくことで脱水が生じることがあります。

血液中に脱水症状を抱えること新陳代謝が低下し、さらに余分な水分の排出がうまくいかなくなるケースもあります。その為、利尿剤を服用し排尿がスムーズに行われている場合は適度な水分補給を行うことも大切です。ここは、きちんと主治医の先生にご相談されてください。
※極端に尿量が減少されている方(1日500~700CC未満)は水分の摂りすぎには注意されてください。

腹水治療を行う上で上記の対策は欠かせません。その他にも重要ポイントは沢山ございますが、何よりも一番大切なことは「自分に合った・患者様の体質に合った」対策を行われることが何よりも重要です。

腹水だからと言って誰もが同じ治療や対策を行うと言う訳ではございません。主治医の先生や専門の方とも相談しながら自分に合った治療や対策を行われるようにされてくださいね。



東洋医学(漢方)による癌・肝硬変と伴う腹水の原因と対策法

6cf8d1f08403cd7098d21bba9bd2b27b_t.jpeg

何度も繰り返す腹水、腹水貯留に伴う不快症状を軽減するために腹水自然排出療法(漢方対策)』も有効的な対策法の1つです。

東洋医学では腹水が溜まる根本の原因を捉え対策を行っていきます。また、身体への負担を最小限に抑え腹水対策を行っていきます。漢方対策では、患者様の症状や体質、血液検査の結果などを確認しながら、患者様に合った対策を選択していきます。


東洋医学では腹水貯留の原因、対処法を以下のように考えています。

①血流の低下や水分代謝の低下
②体の炎症(癌、肝硬変など様々な原因)
③肝臓、栄養状態低下によるアルブミンや血液量の減少
④各臓器活性力・新陳代謝の低下


東洋医学では腹水の貯留原因は主に上記の4点と考えております。

その為、上記を改善する為の対策として以下が必要となります。

①水分代謝の向上を図り体内の余分な水分を排出

体内の不要な水分は、血液の中に引き込まれ、血液に乗って腎臓に届けられ、尿として排出されます。腹水が溜まっているという事は血液中の水分が血管から漏れ出てしまっている状態です。血液中に不要な水分を引き込む力を増やし、血液の流れを良くしていく対策をします。

②肝硬変や癌に起因する体内の「余分な熱(炎症)」を排除

体の中で炎症が起きていると、炎症が起きている所は、炎症を鎮めるために水を必要とします。がんや肝炎・肝硬変は炎症を伴う疾患ですので、臓器の炎症を鎮めるために水を必要とし、腹膜内の水が多くなります。炎症があると水が多くなるわけですので、炎症そのものを抑えていく対策をすることで、腹膜内の水が増えにくくなります。

③貧血(栄養状態)の改善を図る

病気や抗がん剤治療の影響で貧血・栄養失調状態の方は大変多いのですが、この貧血・栄養失調は腹水を増やす原因でもあります。貧血の方は血液が薄く、栄養が足りない状態です。①で血液中に不要な水分を引き込む力とお話ししましたが、引き込む働きをしているのは、血液中のたんぱく質の一種、ALB(アルブミン)の働きです。アルブミンが低いと、引き込む力が弱くなり、また薄い血液は浸透圧の問題で、水分は濃い方へ流れていくため、薄い血液中の水分は、腹膜内に水が移動しやすくなってしまいます。貧血・栄養失調を改善する対策をすることで、血管内の水分量を一定量に保ち、水分が漏れ出ていかないようにします。

④各臓器の活性・向上、新陳代謝の向上を図る

体の中には色々な臓器があり、各臓器がしっかり機能していれば、不要な物は出ていく仕組みが備わっています。食事を美味しく食べ、消化・吸収され、排出されるという働きが本来出来るのですが、腹水の圧迫や治療の影響で、各臓器の機能が低下し、この流れがしづらくなっている状況です。各臓器がしっかり機能出来るように立て直し、新しい物を取り入れ、古い物・不要な物を出すという体に整えていきます。

その他、高熱が続いている方、冷えを強く感じている方、下痢の方、気力が低下している方、患者さんごとに異なる症状に合わせて漢方薬を組み合わせていきます。


上記の対策を組み合わせることで、それぞれの異なる働きが相乗効果を生み「腹水の排出促進・貯留予防」「腹水に伴う不快症状の軽減・緩和「癌・肝硬変の進行抑制」へと向かわせます。

上記でも述べましたが、腹水の漢方対策では、腹水が発症する根本の原因を捉え対策を行っていきます。腹水は対処的に治療することも重要ですが、根本から治療を行うことが何よりも重要です。根本から対策を行わない限り、腹水は何度も再貯留を繰り返します。


腹水が溜まって苦しい、抜いてもすぐに溜まってしまう!そのような時は腹水の自然排出(漢方対策)』も有効的な治療法の1つです。


※漢方薬をご服用の際は医師又は漢方専門の薬局にご相談されてください。


<<腹水 参考ページ>>

◎体質や症状に併せた腹水の漢方専門店
https://www.nakamura-soudanroom.com/fukusui/
https://ameblo.jp/nakamura-soudanroom/entry-12489287514.html
腹水の漢方専門薬局/電話・メール・LINE相談/無料相談
症状や血液検査から患者様に合った漢方薬をご提案


◎腹水の漢方薬-ドクトルアウン
http://www.naoru.com/hukusui13.html
腹水貯留の際、処方される漢方薬の一覧がご覧いただけます


文才が無い為わかりにくいとは思いますが、癌や腹水,胸水でお悩みの方やそのご家族様のご参考になればと思います。



1-C-YOS214.jpg
腹水利尿剤腹水肝硬変腹水アルブミン腹水穿刺腹水温熱腹水診断腹水肝臓腹水治療腹水がん 腹水抜く腹水原因腹水むくみ腹水性状癌腹水治る腹水痛み腹水漢方胸水肺炎胸水症状胸水色胸水心不全胸水癌胸水抜く胸水看護胸水呼吸困難胸水メカニズム胸水鑑別

この記事へのコメント

  • 腹水

    腹水、末期癌の漢方治療と遠赤外線鉱石北投石シート
    2016年05月11日 15:30
  • 腹水 漢方

    腹水の症状と溜まる原因、漢方治療で解決
    2016年05月11日 15:31
  • 腹水 漢方

    腹水の発症原因・症状・治療法 【腹水の漢方対策】
    2016年05月11日 15:32
  • 腹水

    腹水、黄疸、肝硬変に必要な漢方について
    2016年05月11日 15:32
  • 腹水 温熱

    腹水、胸水、末期癌に必要な漢方と遠赤外線鉱石温熱シート
    2016年05月11日 15:33
  • 腹水

    腹水の症状と溜まる原因、漢方治療で解決
    2016年05月11日 15:35
  • 腹水

    腹水、むくみの原因と症状、余命、漢方治療について
    2017年11月09日 21:23